Top Page

 

EMERALD Company

健康促進データベース

要注意!身近にある食材の危険性を知っておこう


肉・卵・牛乳・刺身・白砂糖・食塩(精製塩)・水・・・誰もがほぼ日常的に摂取しているこれらの食材には、あまり知られていない危険がたくさん潜んでいるのをご存知ですか?
また、迷信や思い込み、意味の履き違えなどによって、各食材の栄養素について誤解されていることがないでしょうか?

からだにとって良いものと悪いものを判断し、しっかり吟味することができるかどうかは、良い体質を作れるかどうかに大きく影響します。
「完璧な食事を摂る」ということはなかなか難しいことですが、からだに良い食物を知り、それを摂り入れていくことができれば、いつの間にか「人間が本来食べるべき食事」を、自らのからだが求めるようになっていくはずです。
 

      牛乳   刺身   白砂糖   精製塩(食塩)   水(水道水)   米、野菜、その他全般   サプリメント

 

 

「肉は良質のたんぱく質を多く含み、スタミナ源になる」・・・高度経済成長期と共に生まれた肉食信仰により、現在日本人の肉類の摂取量は欧米人とほぼ変わらないレベルにまで増加しました。

確かに試験管の中で分析してみれば、肉類には動物性たんぱく質などの栄養分が豊富なのですが、残念ながらそれらが体内ですべて「良い栄養」になるとは限りません。
それどころか、
人間の体内は肉が腐るのに絶好の環境であることを覚えておかなければならないのです。
特に、農耕民族である日本人は狩猟民族である欧米人より腸が長いので、摂取した肉が長時間体内に残留し、うまく消化されない分はそのまま腸内で腐ってしまうのです。

腸内で腐った肉そのものは、やがて便となり体外に排出されるものの、腐敗段階で発生する毒素は体内(血液中)に残ってしまうことがあります。日常的に肉食中心であれば、それがどんどん蓄積していることにもなります。
肉の腐敗産物には、アミン・アンモニア・硫化水素・フェノール・インドール・スカトールなどがあり、これらが腸壁から吸収されて血管内に入ると、血液を汚してからだの諸器官に異変を起こさせ、アレルギーやガンなどの原因になってしまうというわけなのです。(便秘がちな人や、便やおならの匂いが強い方は特に注意が必要です)

また、動物性脂肪を摂取しすぎると、体内に
コレステロールが溜まりやすいということにも問題があります。
特に加熱したコレステロールはアントラセン系物質という発ガン物質に変わります。
赤身の肉には脂肪が少ないという定説もありますが、じつは赤身の肉にも動物性脂肪はたっぷり含まれているのです。

さらに、現代社会では食品添加物の害がさまざまに言及されていますが、食肉も例外ではありません
市場に出回っている食肉は見るからに鮮やかな色をして食欲をそそりますが、それは
発色剤という添加物の仕業です。

発色剤は生肉を変色させないために使われるもので、成分には亜硝酸塩が含まれていますが、これは肉から酸素を追い出してしまう有害な物質で、体内で他の物質と結合して発ガン物質に変える性質を持っています。
なかでも前述したアミンという物質は、消化器官の中に存在する硝酸塩と反応すると、ニトロソアミンという強い発ガン性物質に変わる危険性があるため、本来アミンと硝酸塩は人間の体内で絶対に出会ってはならない仲なのです。

 


▲UP

 

一昔前は「生卵を飲むとスタミナがつく」などと言われましたが、卵にはそんな強精効果はありません。
むしろ生卵を飲むと、白身の部分が消化されないまま血中に入ってしまうことがあり、徐々に活力を失い、健康を損ねる結果を生んでしまいかねないのです。
同時に、血中に入った卵のたんぱく質は、元来
人間のたんぱく質(アルブミン蛋白)とは異質であるため、体内で馴染みにくくアレルギーを引き起こす原因になります。
肉同様コレステロールも多いので、
摂取しすぎるとコレステロール過多で血管を圧迫し、動脈硬化や心筋梗塞を引き起こすことになります。
さらに、卵には消化酵素の働きを阻害する作用があり、卵自体の消化吸収も決してよくありません。

 


▲UP

牛乳

 

学校給食などでは常識的に献立の一部となっている牛乳ですが、牛乳の摂取過多にも問題がないわけではありません。
そもそも牛乳は、母牛が仔牛に栄養を与えるために出しているもので、卵同様、
牛乳のたんぱく質(カゼイン蛋白)は人間のからだにはそぐわないたんぱく質です。
ですから、人間のからだに入って都合良く栄養効果を生むものではないのです。

牛乳のたんぱく質は植物性たんぱくに比べると粒子が細かく、腸壁から血中に入りやすいという特性があるので、体内では人間のたんぱくとは異種のものが入ってきたということで、
アレルギー反応を起こりやすくなります。
卵と牛乳がアレルギーを引き起こすメカニズムはまったく同じもので、幼児の時から過度に牛乳を飲まされた子供はアレルギー体質になる危険性が高くなるのです。

世界の冠たる長寿国(健康長寿)の人たちは、牛乳は異質のもの(ケフィールあるいはマツオーニといった牛乳を発酵させたもの)に変えてから飲み、生で飲む習慣はありません。
しかも、欧米人に比べて
牛乳を消化するラクターゼという酵素の活性度が低い日本人は、それだけ牛乳というものが自分たちのからだにとってアレルゲン(抗原)となる可能性が高いことを知っておかなければならないのです。

牛乳のカルシウムは母乳の約4倍あり、体内に吸収されやすいカルシウム分は豊富に含まれています。
但し、牛乳にはカルシウム分だけが多く、他のミネラル(特に亜鉛)が少ないことに問題があります。
人間の骨はカルシウムだけでなく、マグネシウム・マンガン・ニッケル・亜鉛など、さまざまな
ミネラルの調和によって初めて緻密なものになるからです。

もともと牛乳のカルシウムは牛の骨を形成するためのものですが、牛の骨と人間の骨の構成はまったく異なります。
人間の骨は、生まれてすぐ立って歩かなければならない牛の骨のように太くはない代わりに、緻密で頑丈に作られなければならないものです。
つまり、120年も生きられるようにできている人間と、寿命が約20年ほどの牛が、同じスピードで骨を成長させてはいけないのです。
骨をとりまいているコラーゲンというたんぱく質の構成が悪ければ片手落ちということになり、牛乳のカルシウムだけを過剰に摂取して急速に育った人間の骨は、骨折しやすく、骨折してもきれいに折れず複雑骨折してしまう、軽石のような多孔性(穴がボツボツできていること)になってしまいます。

牛乳が苦手な方も少なくありませんが、それはその人のからだが、牛乳が自分のからだに合わないというアレルゲン(抗原)への正常な
拒絶反応です。牛乳はけっして「飲まなくてはいけないもの」ではないのです。
特に子供は大人よりもアレルギー反応に敏感です。牛乳嫌いのお子様に無理に飲ませることや、逆に牛乳を水代わりに飲ませてしまうことは極力避けたいものです。

 


▲UP

刺身

 

魚肉の脂肪は、獣類の肉に比べれば危険度ははるかに低いのですが、腸内で腐敗しやすいという問題があることは肉と同様です。
生ものは腐敗が早いのは当然ですから、やはり日本人の長い腸の中では腐敗しやすく、アミンなどの腐敗産物を血中に送り込む結果になることが多いのです。

腐敗産物は獣類の肉と同様で、それらの毒素が腸壁から吸収されて血中に入って血液を汚せば、赤血球や白血球の質が悪化し、それらが融合して粘度の高い血(ドロドロ血)になります。
そういう血が脳の毛細血管でつまれば脳血栓や脳梗塞を、心臓の血管でつまれば心筋梗塞を起こしやすくなるというわけです。

但し、魚(小魚)自体には人間のからだに馴染みやすいカルシウムなど、からだに良い成分が含まれていることも事実ですから、摂取量や調理法に配慮をしつつ、じょうずに摂り入れていきたいものです。

 


▲UP

白砂糖

 

昨今、多くの人が「砂糖の色は?」と聞かれたら即座に「白」と答えるでしょう。
しかし、白砂糖は精白食品の代表食品であり、本当の砂糖はけっして白色ではありません。
それではまず、白砂糖がどうやって作られるのかを考えてみましょう。
ベースとなる黒砂糖から、苛性ソーダを使ってアルカリに溶けるものを取り除き、次に硫酸を加えて酸に溶けるものを取り除き、最後にアルカリと酸を中和させたもの・・・それが白砂糖です。

こうしてできた白砂糖には、黒砂糖が持っていたビタミンやミネラルはほとんど残っていません。
(ビタミンB1 痕跡程度・カルシウム 0・鉄分 痕跡程度 / 厚生省食品成分分析表)
黒砂糖のミネラル(主にカルシウム)含有量を100とすると、白砂糖のそれはわずか0.3にしかならないのです。

しかも、白砂糖には体内に入れば入るほど
骨に蓄えられたカルシウムを奪っていく性質があるので、摂取過多によってカルシウム不足によるダメージを受ける危険性もはらんでいます。
まず、骨や歯が弱くなることはもちろん、カルシウムによって弾力性が保たれる血管も弱くなります。
また、脂肪の体内吸収を阻止するカルシウムの働きの障害となって、肥満や心臓病にもつながります。
何よりも、胃ガンや大腸ガンの発生や増殖を抑える力を持つカルシウムが不足させられることによって、ガンを誘発しやすいという事実も見過ごしてはならないのです。

加えて白砂糖には、塩と逆の以下のような特性があります。
例えばジャムを作る時、果物に白砂糖をかけて火で温めるだけで、やがてひとりでに果物の形が崩れジャムになります。
これは、白砂糖(甘味成分)というものが、
細胞を緩めてジャム状にしてしまうという性質を表しています。

おやつにお菓子やチョコレート、水代わりに清涼飲料水を飲むことで、まず胃や腸の粘膜が緩み、胃潰瘍や胃炎になりやすくなります。また、呼吸器系の粘膜が緩むと風邪を引きやすくなり、鼻炎にもなりやすくなります。
いちばん困るのは、脳の細胞が緩んでジャム状になってしまうことで、これは最近の若い世代の情緒不安定や非行問題、うつ病疾患などに密接な関係があると言われています。

 


▲UP

精製塩
(食塩)

 

現在市販されている食塩のほとんどは精製塩です。
精製塩とは塩化ナトリウムが99%を占める化学物質であって、塩ではありません。
本当の塩とは、塩素・ナトリウム・カルシウム・マグネシウム・マンガン・ニッケル等を含んだものなので、塩化ナトリウム(精製塩)を塩の代用としていれば、体内のミネラル代謝に狂いが生じても不思議はないのです。

塩分の摂りすぎは高血圧や心臓病のもと」などと言われていますが、限度を超えて摂っていれば問題を起こすのは塩だけではありません。
むしろ塩(自然塩)に含まれるミネラル成分は人間にとって必要不可欠なものであり、質の良い塩(自然塩)には基礎体力の増強や抵抗力強化、胃液分泌をスムーズにさせる働きを促す効果を持っています。
適度な摂取量であれば害など有るわけがなく、肉体労働者などはむしろ少し多めに摂って発汗量をカバーする必要さえあるのです。
摂り過ぎによる悪影響が問題視されているのは、塩ではなく
食塩(塩化ナトリウム)という化学物質です。

もちろん良質の塩(自然塩)であっても、摂取量にまったく配慮が要らないというわけではありません。
肉類を多く食べる人は塩分を抑え、野菜類を多く食べる人は塩分を多めに摂ることで、体内細胞内におけるナトリウムとカリウムのバランスが適度に保たれます。
良質の塩(自然塩)の適度な摂取は、食物を分解して栄養を取り込み老廃物を処理するという、いわゆる
新陳代謝の働きを活性化しますので、けっしてむやみに「減塩すれば良い」ということではないのです。
精白していない自然塩であることを条件に、漬物・梅干・味噌・醤油などでなじんだ塩分は特に良いとされています。

 


▲UP


(水道水)

 

水道水が河水を塩素によって殺菌消毒されて作られていることは周知の事実ですが、原水を塩素殺菌する際に生成される発ガン物質や、原水に塩素と結びつくことで発ガン物質にかわる成分が含まれるということをご存知でしょうか?
代表的なのはトリハロメタンなどですが、
水道水に含まれる発ガン物質は約60種類もあり、PCB・トリクロロエチレン・ダイオキシン・DDTなどは、塩素と結びつくとさらに危険な物質に変化することになります。

もっとも、WHO(世界保健機関)のガイドラインでは、水道水に含まれる有害物質の量は1日2リットルを70年間飲み続けて10万人に1人が発ガンする程度だとされ、日本国内の浄水場でも発ガン物質含有量自体はきわめて微量で、からだに悪影響を及ぼす恐れはほとんどないとされています。
但し、実際には国内のある地方で、浄水場の井戸から国の安全基準値をはるかに上回る発ガン物質のトリクロロエチレン(半導体洗浄用溶剤)やジクロロエチレンが検出されたこともありますが・・・。

私たちが飲む水道水が、
浄水場から水道管を利用して供給されているということに目を向けた場合はどうでしょう?
日本ではまだ明治時代に埋設された古い水道管を使っているところも少なくなく、既存の水道管のおよそ半数は戦前のものだと言われています。
古い水道管が多いのなら、ガタがきているものが多いのも当然で、ヒビが入っている箇所からは泥や雨水が侵入したり、管の内側が錆びていたりすることは考えられないでしょうか?
これは井戸水にも言えることですが、地下には、工業排水、雨水といっても酸性雨、農薬、化学肥料、除草剤、洗剤などの生活排水などの汚染物質が浸透している可能性が否めません。
酸性雨とは、工場の排煙に含まれる亜硝酸ガス、車の排気ガスに含まれる亜硝酸ガス・硫黄酸化物が大気中の水蒸気に触れて地上に降り注ぐもので、これらが地中から水道管に侵入すれば、水道水には硫酸塩や硝酸塩などの毒性物質が混入することになります。
また、水道管が多量の農薬散布地を経由していれば、その水道水には一部の農薬に含まれる猛毒のダイオキシンが混入する可能性もあるのです。
さらに、昔と違って団地・マンション・ビルが多い現代では、受水槽の汚れが社会問題になったりもしています。
こうした事実を考えれば、各家庭に届く水道水が安全である保障はどこにもないはずです。

自衛手段としては、やはり浄水装置を設置するか、良質な飲料水を購入するということになるでしょう。

 


▲UP

米・野菜
その他全般

 

日本は農薬の使用量世界第一位で、年間約60万トンもの農薬が生産されており、殺菌剤・除草剤・殺虫剤などとして使われています。
除草剤の中には、不純物としてベトナム戦争で枯葉剤として使われた猛毒のダイオキシンを含むものもあり、これは人間の体内に入ると染色体を破壊し、奇形や発ガンを頻発させる恐るべき物質です。
殺菌剤や殺虫剤も有毒物質で固められているようなもので、私たちは食物以外からも知らず知らずのうちにその毒物を体内に摂り入れているのです。
日本人の体内脂肪からは、有機塩素材(農薬)の残留量が他国平均の3倍も検出されたというデータもあるほどです。

日本は
食品添加物の使用量もまた世界第一位です。
保存料・着色料・人工甘味料・酸化防止剤・品質改良剤・香料・糊料・・・許可されている食品添加物の種類は350種類を超え、一般的な食品店では食品添加物を使用していない食品を探すのは至難の業と言える状態です。

代表的なものをひとつ挙げると、最近では多くの食品に当たり前のように使われている保存料があります。
保存料は、食品の防腐のために使われる化学薬剤で、腐敗・変敗などの原因となる微生物の増殖を抑えるものですが、こうした異物が体内に入ると腸内の有益な菌の繁殖も抑制され、ひいては腸内細菌のバランスが崩れ、整腸作用に異変をきたすことになります。
また、パン・菓子・ケーキなどがカビないように使われる保存料には、プロピオン酸カルシウム、プロピオン酸ナトリウムなどがありますが、これらの物質には催奇形性の危険をはらんでいるとも言われています。

また、最近では加工食品だけでなく、野菜や果物にも多くの添加物が使われています。
思わず見とれてしまうようなキレイな野菜や果物は、化学工場で使われるような
リン酸塩処理によって作られます。
リン酸塩は体内に入ると骨のカルシウムを強制的に体外に排出させるという働きを持っています。
人間の体内カルシウムが強制的に減少させられてしまうことが、発ガン誘発の原因になってしまうことは各項と共通するものです。
農薬や化学肥料、添加物が使われた米や野菜に、本来の栄養を求めることは到底困難ですが、それどころか「からだに悪い食物」として摂取することになっている状況はさらに危惧されるべきではないでしょうか。

 


▲UP

サプリメント

 

例えば現在の農作物は、品種改良や栽培方法の変化で、昔に比べて栄養素が激減している事がわかっているため、どんなにバランスの良い食事を心がけても不足してしまう栄養素があります。
そんな情報も多く手に入る昨今、健康や美容のためにその栄養分をサプリメントで補給することが一種の流行ともなっていますが、実はこのサプリメントにも注意すべき落とし穴があるのです。

日本のサプリメント(健康補助食品)の多くは、栄養素を固めて錠剤とするために
ぞうねん剤乳化剤を使用しています。栄養素だけで錠剤の形に固める事が、技術的・コスト的に非常に難しいからです。
粗悪なサプリメントの中には50%〜90%がこのぞうねん剤で作られているものがあり、製品に含まれる栄養素が少ないことはもとより、ぞうねん剤自体がアレルギーを引き起こしたり、血液中の血栓と結びついて血液中にたまり出したりと、
二次的な副作用の原因となることもあります。

また、日本の多くのサプリメントは、大量生産・低価格化を実現するために、製品の製造過程において高温加熱処理をしており、大切な各種栄養素を失ってしまっていることがあります。
55℃以上の加熱処理は、デリケートなビタミンなどの大切な栄養素や有益な酵素を破壊してしまい、その有効成分の60%を空中離散させてしまうと言われています。
さらに、サプリメントがキレイな白や黄色一色をしている場合がありますが、それは熱処理と共に着色料が使用されているためです。

残念ながら、こうした添加物の使用割合や副作用性の情報を公開している製品(メーカ−)はほとんどなく、私たち消費者は製品ラベルに記載されている各種栄養素の含有量などを信用して、その製品の良し悪しを見分けなければならないのが現状です。

※昨今、中国産のダイエット・サプリメントにおいてその副作用に大きな問題が生じるケースがあるように、外国産のサプリメントに関しても慎重な商品選びが必要といえるでしょう。

 


▲UP

 

食品分析学や栄養学では、栄養素を試験管の中で理論的に数値化することができますが、人間の体内ではそれほど都合良く栄養素の足し引きはできません。人間の生体内生理機能はそんなに単純なものではないのです。
食品の本当の良し悪しは、分析値だけの問題ではなく、
その食物が体内に入った時に人間の生理機能をどの程度円滑にし、良い体質を作り、自然治癒力を高めるように作用するかという面で厳しくチェックされなければいけないものなのです。

また、食品添加物には使用量の基準が定められ、基準値をオーバーしたものは認可されないことになっていますが、それだけで安全が保障されるわけではありません。
食品ひとつひとつの添加量がごく少量であったとしても、それらがからだに数十年間蓄積された時にどんな影響を及ぼすか、それらが人間の体内で他の添加物と結びついてしまった時にどんな物質に変わるかは、まったくと言っていいほどわかっていないのです。

上記の食品群は、私たちが普段体内に摂り入れているほぼすべての食材を指すことになります。
それは、すべての食材に良し悪しがあり、どちらを選択するかは私たち自身に委ねられているということでもあるのです。
どんな食物をどれだけ、どんな形で摂り入れるか、どんな食物の摂取を控えめにするか、どんな食物を摂り入れてはいけないか・・・
食物から栄養を摂り入れる前に、こうした意識を摂り入れることが、私たちの健康作りの第一歩になるはずです。

 

EMERALD Companyが推奨する食材

 

 みなさまの健康を応援するエメラルド・カンパニーの取扱商品をご覧になってみてください。
 すべての商品は『食は命なり』をモットーとする当店が100%の自信をもってお勧めできる厳選された自然食品です。

 

産地直送 天然仕込み味噌

 天然無添加の仕込み味噌

現在、日本の伝統食品である味噌の栄養素とその健康促進効果が見直されています。
味噌がどれほどの万能食品であるかをあらためて知ると、なぜ日本人が古くから食事に味噌汁を欠かさなかったのかがうなずけるような気がします。

味噌の主な栄養素は、たんぱく質、カルシウム、カリウム、ビタミンB群、レシチン、サポニン、イソフラボンなどですが、味噌のたんぱく質は発酵によってアミノ酸に分解されているため、消化がよく、必須アミノ酸を多く含むのが最大の特徴です。
また、サポニンやレシチンは体内の余分な脂肪を溶かしてコレステロール値を低下させる働き、イソフラボンには乳がんや前立腺がんを予防したり、骨粗しょう症の予防や更年期障害を軽くする働きがあるといわれています。

また、味噌の主原料のひとつである大豆に豊富に含まれる食物繊維と味噌に含まれる微生物には、
腸内の腐敗菌や有害物を体外に排出してくれる働きがあることも忘れてはならないでしょう。

純国産原料のみを使用し、化学調味料や保存料などの添加物を一切していない、本物の味噌を是非ご賞味ください。
 

沖縄海洋深層水 アクアエイド

 ミネラルウォーターを超えた健康飲料水

多忙な現代人にとって、体に必要な数十種類に及ぶミネラル分を毎日摂り続ける事は非常に難しい事ですが、ミネラル分が不足すると色々な症状が顕れる事が知られています。
例えば、カルシウムが不足すると、イライラ、神経痛、不眠、骨粗しょう症など、カリウムが不足すると、食欲不振、神経過敏、脱力感などの症状を引き起こしますが、沖縄海洋深層水アクアエイドには各種ミネラル分や微量元素がバランス良く含まれていますので、それらのミネラル成分を細胞レベルで効果的に摂取する事ができます。
また、これらのミネラル成分には老化やガン等の原因となる活性酸素の働きを抑える抗酸化作用が高く、血流を良くする働きもあるので、健康増進には最適な飲料水と言えるでしょう。毎日の健康生活にぜひご愛飲ください。
 


産地直送 新鮮無農薬野菜

 

有機栽培ケール原料 遠藤青汁

那須高原産有機野菜を産地から直送

 

遠藤博士の元祖青汁

 

産地直送 天然仕込み味噌

 

沖縄海洋深層水 アクアエイド

天然無添加の仕込み味噌

 

ミネラルウォーターを超えた健康飲料水

 


 


▼コーナートップへ    ▲このページの先頭へ    ▼前のページに戻る

カスタマー・サポート E-mail:EMERALD Company

Copyright (C) 2004 EMERALD Company All rights reserved.