Top Page

 

EMERALD Company

健康促進データベース

健康食品の効果を引き出すためのふたつの条件


健康食品が効く人と効かない人がいる?

現在、様々な健康食品やサプリメントが流通し、多くの方が愛用されていますが、健康食品愛用者が語る体験談の内容は千差万別(※)となっているのが現状のようです。
「ガンやリウマチが治った」というように、健康食品が自分に奇跡をもたらしたと感激する人がいる一方で、「なかなか効果が現れない」「思うような効果は得られなかった」というように、症状がほとんど変わらずガッカリする人も少なくないのです。
※但し、粗悪な健康食品であったために効果が見られない、または悪化したというケースは論外といたします。

なぜ、そのように健康食品に謳われている有効成分が「効く人」と「効かない人」がいるのでしょう?

同じ健康食品を、同期間、同量、同ペースで摂っても、その効き方に大きな個人差が出る最大の原因は、その健康食品が持っている特徴的な有効成分が、その人の体内にしっかり吸収されたかどうか、というところにかかってきます。
また、たとえその有効成分が体内に吸収されたとしても、それが望ましい場所(患部)に運ばれたかどうかによって、効果の現れ方は大きく変わってくるのです。

また、健康食品は医薬品とは異なり、ごく短期間で大きな効果を期待することは通常できませんので、ある程度の期間摂取を継続することが必要になってきますし、逆に短期間に大量に摂取したからといってそのぶん必ず効果が上がるというものでもありません。
もちろん、その商品が本当に自分に合うものかどうか、それをどのように摂取すれば良いのか、商品の選択や用法用量について懇切丁寧なサポートをしてくれる販売店を選ぶことも重要なポイントです。

健康食品をご愛用中の方、現在ご検討中の方へ、その効果をより一層大きく引き出していただくための留意点を下にご紹介いたしますので、ぜひご参照ください。
 

健康食品の得意分野を理解する


医薬品に胃薬・頭痛薬・解熱剤・血圧降下剤などがあるように、健康食品の効果にもその原料などによってそれぞれ得意な分野というものがあります。ですから、何かひとつを摂ればすべての症状に効果があるというわけではなく、いくら品質の優れたものといえども、1種類の健康食品だけでどんな病気にもかからない健康体を手に入れることができるわけではありません。


まずはそれぞれの健康食品の得意分野や有効性をきちんと把握し、上手に組み合わせるなどして利用することが重要です。健康食品の効果を引き出すこと以前に、まずは「自分に合った商品」を選ぶことができるかどうかということはたいへん重要な前提条件となりますので、商品購入前はもちろんのこと、ご使用中にも充実したサポートが受けられる販売店をお選びください。
 

 

※当店は商品選びからご使用中に至るまでのご相談を、随時お電話やメールにてサポートをさせていただいております。商品についてご不明な点や症状についてのご相談事がございましたらお気軽にお問い合わせください。
 

健康食品の効果を最大限に引き出すための条件とは


商品選びという前提条件がクリアできたら、いよいよ本題です。
健康食品の効果を期待するために何よりも大切なものは、健康食品の有効成分をしっかりと吸収し、体内の必要な部分へ運ぶことのできる「からだを作る」ことです。これはいわゆる体質改善の一種ということになるのですが、ここではこの体質を
基礎健康体質と呼ぶことにしましょう。

但し、こんな言葉を使うと、「自分はそのような体質でないから『不健康』なのであり、不健康であるから健康食品が必要なのだ」という意見も出てきそうです。しかし、ここでいう「基礎健康体質」とは心身のすべてが健常と認められる「完全な健康体」を指すわけではなく、人間が生きていく上で基本的に必要かつ誰もが生まれ持って備えている原始的な生体システムのことです。そもそも、どんなに品質に優れた健康食品にも、悪い生活習慣の弊害を帳消しにしてくれる能力はありません。つまり、優秀な健康食品を毎日摂り続けたとしても、不規則な生活や乱れた食生活が習慣付けられた「からだ」に大きな効果を期待することは難しいのです。

そこで、健康食品の効果を最大限に引き出すためのふたつの絶対条件を挙げてみることにしましょう。

まず第一に、健康食品の有効成分をしっかり吸収するためには、
腸内環境を良好に整えることが大切です。
なぜなら、健康食品に限らず、ほぼすべての栄養分は小腸から体内に吸収されるからです。小腸から吸収された栄養分は、小腸壁の内側の毛細血管の血液に溶け込んで、全身に運ばれることになります。(次項参照)

第二に、健康食品の有効成分を、それを必要としているからだの部位に正確に運ぶために、
全身の血液の流れを良くしておく必要があります。これは、「血管のサビを取り除き、血行をスムースにしておく」ということです。

このふたつの条件が整ったときに初めて、健康食品の有効成分はしっかりと体内に吸収されて
患部に届くことになります。そして、毎日繰り返し有効成分が患部に届けられるうちに、それらの効果がいかんなく発揮され、からだの免疫機能が向上し、正常化していくのです。

もちろん「基礎健康体質でなければ健康食品を摂ってもムダ」と諦める必要はありません。即効性はないにしても、健康食品には
基礎健康体質を作るための効果も期待できますし、基礎健康体質そのものは、普段の生活や食習慣をほんの少し見直して改善するだけで手に入れられるものだからです。

つまり、
健康食品の効果は、健康食品の効果を引き出すためのからだ作りと相乗的に働くわけで、さらにその相乗効果はからだの免疫システムすなわち自然治癒力に確実に働きかけることになるのですから、その循環に秘められた可能性はまさしく無限大です。同時に、それこそが健康食品の体感効果に著しい個人差を生む主な原因にもなるのです。
次の項では、このふたつの条件についてもう少し詳しくみていきましょう。
 

腸管の吸収力を高めること


人間が食べた食物は、唾液、胃液、肝臓から分泌される胆汁、膵液などに含まれる消化酵素によって次第に分解、消化され、最終的に小腸で消化が終了し、体内に吸収されることになりますが、そのおおよそのシステムは以下のようなものです。

小腸の表面には約3000万本の絨毛があり、1本の絨毛の表面には約5000個の栄養吸収細胞が並んでいるので、合計して約1500億個の栄養吸収細胞があることになります。さらに、ひとつの栄養吸収細胞の表面には約2000本の小さな微絨毛(直径10000分の1mm)があり、この先端で栄養分の吸収が行われます。

絨毛の内部には毛細血管が網の目のように走っていて、ブドウ糖、アミノ酸、小さい脂肪酸はこの毛細血管の中に入り血液に溶け込み、徐々に太い血管へと合流、やがて肝臓に直結している門脈と呼ばれる血管に流れ込んで肝臓に運ばれます。肝臓の肝細胞は、集められた栄養素をそれぞれからだが利用しやすい形に再合成して、必要に応じてからだの各部へと送り出します。また、大きい脂肪酸、コレステロール、エステル、リン、脂質などは、カイロミクロン(脂肪の粒)となり、絨毛の中の毛細リンパ管に流入し、直接大きな血管へと入っていきます。こうして、栄養分は血液やリンパ液に溶け込んで、全身へと運ばれる準備が整うことになるのです。

腸管の健康は、からだにとって良い働きをする乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やし、腸内の未消化物を腐敗させて有毒物質を作り出す大腸菌やウェルシュ菌などの悪玉菌の活動を抑えることで保たれることになります。すなわち
善玉菌を優勢にして腸内環境を整備しておくことが、健康食品に限らず、普段の食事の栄養分の吸収力を向上させるための必要不可欠な条件となるのです。
ちなみに、栄養吸収細胞は人間のからだの中でももっとも短期間に新陳代謝が進む細胞で、健康な腸ではわずか2〜3日で新しい細胞に生まれ変わります。これは、生命維持の基本である栄養分の吸収という重要な任務を円滑に進めるためであると考えられます。

多くの健康食品の有効成分もまた、食物の栄養素と同じように吸収されていく(※)ので、それらがうまく体内に吸収されるためには、小腸の絨毛の栄養吸収細胞が健康な状態であることがとても大切であるということがおわかりいただけるでしょう。
※:アガリクスに含まれるβ-D-グルカンなど、一部の成分には吸収システムが完全に解明されていないものもあります。
 

血液の流れをよくすること


人間のからだには、大動脈や大静脈といった太いパイプのような血管から、肉眼では見ることのできないほど細い毛細血管が、筋肉や皮膚の中はもちろん、内臓や骨、脳の中を文字どおり網の目のように走っています。
これらの血管を通る血液は、肺で取り入れられた酸素の運搬の他、栄養分の運搬、そして細胞の新陳代謝によってできた老廃物を運び出したり、体温を維持したりなど様々な役割を担っています。

前項でもご説明したとおり、健康食品の有効成分も、腸管で吸収された後に血液に溶け込んで血管から毛細血管に入り、全身に届けられることになるはずですが、もし、からだの一部の毛細血管が詰まっていたり、切れていたりすれば、当然のことながらせっかくの有効成分は届かなくなってしまいます。
したがって、ここで問題になってくるのは、動脈硬化や血栓といった大きな動脈や静脈のトラブルではなく、微細な毛細血管の詰まりということになります。(動脈や静脈の詰まりはそれ以前の大きな問題となるため)

血管が詰まる原因は、体内で自然に発生する
活性酸素が血管細胞を傷つけることで起こるという説が有力視されています。
例えばガン細胞の発生も、活性酸素によって細胞核の遺伝子が傷ついた結果、異常細胞へと変異していくと考えられていますし、肝疾患や糖尿病などの慢性疾患も活性酸素の害によって内臓の正常な機能が阻害されるために起きるといわれています。
活性酸素とは、呼吸から取り入れられた酸素が体内でのさまざまな生体反応を繰り返していくプロセスの中で科学的に不安定な構造になった酸素で、これは他の分子から電子を奪う過激な化学反応を起こし、細胞を傷つけます。そこで、活性酸素から血管や細胞を守るための配慮が必要になってきます。

人間の体内では、活性酸素を無害化する抗酸化酵素が絶えず作られているものの、加齢とともにこの生成量は減少していきます。「老化=からだの酸化」という言われ方もされますが、要するにからだの酸化(老化)を防ぐためには、
抗酸化物質を積極的に摂取することが必要不可欠になってくるということなのです。

抗酸化作用が期待される健康食品には、全身の血管や細胞が活性酸素によって傷つけられることを防ぐ狙いがあり、その作用は細胞の新陳代謝を促進し、常に生き生きとした細胞を維持するための働きをもっています。
その働きを最大限に高め、免疫異常によって弱った全身の細胞にくまなく届けることを可能にするのは、有効成分がさらさらと流れる血液と、その血液が流れるための血管ということになるのです。
 

健康食品による健康促進・症状改善への期待


『腸内菌の働きを活発にして腸内環境を整え、栄養分や健康食品の有効成分を吸収する力を高めること』、そして、『血管や細胞を活性酸素のダメージから守り、血流の良い状態を作り、吸収された栄養分や有効成分が全身に届けられるようにすること』、このふたつの条件が健康食品の効果を最大限に引き出すための2大条件になるということをご紹介いたしました。

健康食品のもつ有効成分の効果が最大限に引き出されれば、ほぼ間違いなく誰もがそれを体感することができ、ひいては症状の改善、緩和、治癒というものにつながるはずです。

また、健康食品の効果は、
基礎健康体質との相乗効果によってはじめて大きな結果をもたらしてくれますが、だからといってそれは、「健康食品を摂取する前に基礎健康体質を作らなければいけない」というように、段階的に進めなくてはならないものではありません。

食事、運動、睡眠などの日常の基本的な生活習慣によってこの2大条件を満たし、それと並行しながら、その2大条件を満たした時に大きく作用する良質な健康食品を適切に摂取すれば、より確実な効果に結びつけることが可能となるでしょう。
 


 みなさまの健康を応援するエメラルド・カンパニーの取扱商品をご覧になってみてください。
 すべての商品は『食は命なり』をモットーとする当店が100%の自信をもってお勧めできる厳選された自然食品です。

 

産地直送 新鮮無農薬野菜

 

有機栽培ケール原料 遠藤青汁

那須高原産有機野菜を産地から直送

 

遠藤博士の元祖青汁

 

産地直送 天然仕込み味噌

 

沖縄海洋深層水 アクアエイド

天然無添加の仕込み味噌

 

ミネラルウォーターを超えた健康飲料水

 



▼コーナートップへ    ▲このページの先頭へ    ▼前のページに戻る

カスタマー・サポート E-mail:EMERALD Company

Copyright (C) 2005 EMERALD Company All rights reserved.