Top Page

 

EMERALD Company

健康促進データベース

食事療法と体質改善反応


体質改善反応について

この記事を読んでいただいている方の中には、アトピーや花粉症などのアレルギーに対して、または慢性病の予防に対して、体質改善療法(食事療法)を試みたことがある方も、少なからずいらっしゃることでしょう。
同時に、その本質的な効果を得る前に挫折してしまった方も大変多いのではないでしょうか?
その原因はもしかしたら、食事療法に伴う
体質改善反応に対する前知識が足りなかったからかもしれません。
そこで、ここではその体質改善反応というものについて考えてみることにいたしましょう。


食生活を見直し、従来の悪い食事形態を穀菜食に切り換えると、早い人は一週間くらい、遅い人で数ヶ月ほどで、体質改善反応というものがあらわれてきます。
体質改善反応とは、それまでの食生活によって作られていた悪い体質が、穀菜食の励行によって改善され始めてきたことを知らせてくれる反応です。
この過程には体内の毒素が排出されることを示す
反応期間があり、その反応には良い兆候を示すものと悪い兆候を示すものが繰り返しながらあらわれ、その波は次第に小さくなっていくのが普通です。
この悪い兆候を示す反応を「悪くなった」と勘違いして薬に頼ったり、「一向に良くならない」と諦めて正しい食事生活をやめてしまうことが、食事療法の挫折や失敗につながってしまうのです。
 

体質改善反応(図解)


食事療法を始めると、症状は常に下降線をたどっておさまっていくわけではなく、安定期と不安定期を幾度も繰り返すことになります。
上図では、
の時期に悪い兆候があらわれることになりますが、これは体内毒素が排出されていることを示す大切な時期なのです。
確かに体質改善反応で毒素が出るときは辛い思いをしますが、これを乗り切るごとに症状は確実に軽減していきます。

毒素の出る形態には個人差があり、例えばアレルギーだった人の場合、汗、目ヤニ、口内炎、発疹、黒便・・・といった症状によってあらわれたりしますし、リウマチを患ったことがある人は古傷が疼いたり、結核にかかったことがある人は咳が出てくることもあります。
長い間慢性病を患っていた人や、化学薬剤を服用してきた人の場合は、頭痛、歯痛、歯茎の緩み、手足のしびれ、腰痛などが出てくることもあります。人によっては、まるでその人がアレルギーマーチによってそれまで患ってきた症状をなどるかのように、次々と悪い兆候を見せるのです。

これらの症状は
体質が完全に改善される過程で踏み越えなくてはならないひとつの関門であるとお考えください。
いろいろな症状が出ることによって、その要因となっている毒素がひとつずつ、からだの中から外へ出ていくことのあらわれなのです。
こうした症状は、けっして我慢できないほどひどいレベルで出てくることはありませんし、それどころか、良い兆候もいろいろと出てきますので、この体質改善反応に対する理解があれば、体質改善療法の励行にますます励みが生まれることにもなるでしょう。
もちろん表出する反応は毒素が出きってしまえば治るので、
その時期に薬で抑えようとしたり、正しい食生活を中止したりしないことが何よりも大切です。

なお、体重の減少が目立ってくる人もいますが、それは肉類・卵、牛乳などを摂らなくなって栄養が悪くなってきたからではありません。それまでに体内に蓄積されてきた悪い毒素が、穀菜食によって徐々に減ってくることによって体重が減るのです。
実際に経験してみるとよくわかりますが、体重が減って痩せてきても体力は絶対に落ちません。それどころか、徐々に抵抗力がついてきていることを実感できるようにもなります。
いろいろな症状が出てくることだけに気をとられて、穀菜食を中断・中止したり、薬で抑えようとすれば、からだはいっぺんで元に戻ってしまいます。これが食事療法の挫折や失敗を招くもっとも大きな原因なのです。

さらに、上図の
で示す安定期やで示す小康期にも食事療法の成功を左右する大きな注意点があります。
この時期は悪い症状が一時的におさまり、治癒や回復が期待される時期ですが、もちろん根治には遠く至っていません。
まだ治っていないのに治ったからと安心して、この時期に「少しくらいなら大丈夫だろう」と、肉、刺身、牛乳、卵、甘いものなどに手を出してしまうと、残念ながらその時点で食事療法はあっけなく失敗してしまうのです。
穀菜食に切り替える時に何の問題もなく、まずまず健康であった人なら、少量の動物性食品や白砂糖を摂っても大きな問題にはならないのですが、ガンや他の慢性病、アトピーなどのアレルギーの改善を目的としていた人は絶対に厳禁で、人によってはひとくち食べただけで元の状態に戻ってしまうことさえあります。
つまり、症状の重い病気にかかっていた人は、体質的な大きな欠陥が治りきっていないので、たとえ少量でも悪いものを食べればたちまち悪影響が生じてしまうわけです。それまでに治療がどれだけ良好に進んでいても、症状の復帰(再発)はほんの一瞬で行われてしまうことがあることを心得ておかなければなりません。

慢性病やアレルギーを根治させるには、長期の地道な食事療法が必要です。
アトピーなどでステロイドを使っていた場合は、毒素が出ては消え、消えては出るという状態の繰り返しになり、完全に抜けるまでにはかなりの時間がかかることがありますし、高齢になればなるほど長年にわたって毒素が溜まっており、長期間薬を使い続けている場合も多いので、改善が見られるまでに相応の時間がかかるのが普通です。
通常の場合、1〜3年で回復の兆候が見られても、実際にはまだ根治というところに到達していないことの方が多いようです。
したがって、
回復時、その直後の食生活には引き続きじゅうぶんな注意が必要です。けっして「治療(食事療法)が終了したら元の食生活に戻して良い」ということではありません。
もとの悪い食生活を再び始めれば、あっという間に体質は元に戻ってしまうことを肝に銘じておく必要もあるのです。

このように、食事療法によってより早く、確実に体質を改善するには、
どれだけ徹底できるかということだけにかかっています。逆に、家庭の中に正しい食習慣を取り入れることができれば、それは家族全員の健康なからだ作りにも一役買ってくれることにもなります。子供のアトピー治療に付き合って食事療法を実践しているうちに、家族皆が健康になったという話も多いそうです。
正しい食事は、こんな二次的な効果ももたらしてくれるというわけです。

※昨今、一部でこの体質改善反応理論を悪利用して粗悪なサプリメント商品を販売している業者が摘発されていますので、商品選びにはじゅうぶんご注意ください。品質の高い健康食品が顕著すぎる体質改善反応を引き起こすことはまずありません。
 

「正しい食事」を「正しく摂る」


からだに良いものと悪いものを分別し、体質改善反応を知り、健康食とその効果がいかなるものかを理解したとしても、間違った食べ方をしていては意味がありません。健康食はあくまでもその
食べ方が肝心なのです。

理想の主食とは、「玄米を6として、麦、小豆、黒豆、粟、稗、ハト麦などの雑穀を4の割合で炊いたご飯」、すなわち日本人が伝統的に主食としてきたもので、これは現代の日本を長寿国とする年代層がかつて主食としてきたものでもあります。これを1食につき軽く1膳(腹八分目)、何よりも
よく噛んで食べることが「正しく摂る」ことの基本です。

普段食事をしている時に、どのくらい噛んでから飲み込んでいるかを数えてみると、案外に少ないことがわかるはずです。ほんの数回しか噛まなかったり、人によっては味噌汁や水、お茶等の水分で流し込むようにして食べている方も少なくないでしょう。無論、それは「正しい食べ方」とは言えず、むしろ「誤った食べ方」であると断言できるものです。
いかなる健康食であっても、「誤った食べ方」では期待される効果は半減してしまいます。玄米食に限らず、ひとくちにつき最低でも50回、できれば100回くらい、力強く噛むのが理想的です。
こうしてゆっくりと食事を摂れば、腹八分目といわれる量以下で満腹感を味わえると同時に、胃などの消化器官への負担を極力減らすことができます。特に玄米ご飯は噛めば噛むほどおいしく感じるようになるのが特徴です。

『噛む』ことによって刺激を受けた脳からは、様々なホルモンが出て細胞の活性化を促します。その結果、病気が回復し、健康体が作られるというわけです。昨今急激な増加傾向があるとされている老人の「ボケ」も、食べ物を良く噛むことだけでかなり防ぐことができるといわれています。

さらに、噛めば噛むほど唾液、消化酵素、唾液腺ホルモンが分泌されます。特にこの
唾液腺ホルモンは細胞を若返らせる働きを持っているため、それによって朝の目覚めが良くなり、便通もスムーズになりますし、風邪を引かなくなるばかりか、からだが軽くなり、坂道や階段を駆け上がっても息切れしなくなります。また、唾液には食品添加物や農薬などの毒素をかなり解毒する働きがあることもわかっています。

やわらかいものばかりをたくさん食べている最近の子供には歯槽膿漏が多いといわれますが、これも「よく噛む」ことで治ります。噛むことで歯の周囲の組織が鍛えられ、その時に出る唾液腺ホルモンと消化酵素が歯槽膿漏の自然治癒に大きな役目を果たすからです。よく噛まずに食べることの弊害としては、顎の退化によって歯並びの悪さを助長することなども挙げられます。
 


「正しい食事を正しく摂る」ことは食事療法の基本ではありますが、これは本来人間の食生活の基本とならなければいけないものです。
悪い食物を摂る習慣の結果が、慢性病、生活習慣病、アレルギー、肥満といった問題の大きな要因を生み出すことにつながるからです。

逆に、正しい食生活が生み出すものがはたしてどんなものであるかを考えてみてください。
それこそが私たち人間が追求して取り戻さなければならない本当の健康というものなのではないでしょうか?


 みなさまの健康を応援するエメラルド・カンパニーの取扱商品をご覧になってみてください。
 すべての商品は『食は命なり』をモットーとする当店が100%の自信をもってお勧めできる厳選された自然食品です。

 

産地直送 新鮮無農薬野菜

 

有機栽培ケール原料 遠藤青汁

那須高原産有機野菜を産地から直送

 

遠藤博士の元祖青汁

 

産地直送 天然仕込み味噌

 

沖縄海洋深層水 アクアエイド

天然無添加の仕込み味噌

 

ミネラルウォーターを超えた健康飲料水

 


 


▼コーナートップへ    ▲このページの先頭へ    ▼前のページに戻る

カスタマー・サポート E-mail:EMERALD Company

Copyright (C) 2004 EMERALD Company All rights reserved.