E.CO-SAFE

EMERALD Company's "food safety standards" to pursue the Safety of the Ecological and・Organic Crops.


EMERALD Company 取扱食品の安全基準について

 

安全基準の基本方針


当店が取り扱うすべての食品とその原料において、農薬や化学肥料に頼らない、適地適作と旬を大切にする自然な農業スタイルと環境保護を推進、また、信頼のおける生産者と個別契約を締結し、「食は命なり」という当店の基本理念を体現することを志します。
 

生産者からの情報の取得について(農産物商品)


当店は現地生産者から定期的に栽培管理情報を取得し、ウェブサイトにて公開するものといたします。
 

取扱農産物商品の安全基準と特例措置について(農産物商品)


当店の契約農家(以下、生産担当者)においては、栽培中のいかなる時期においても、あらゆる農薬(化学合成農薬)及び化学肥料の使用は原則不可とします。
また、新規契約時及び契約更新時には、生産担当者に農作物栽培管理票を提出していただくものとし、当店が任命した現地農産物栽培管理担当者とのじゅうぶんな協議の上で商品としての取扱いを決定し、以後も同管理担当者が定期的に栽培方法や農作物に対する監査を行います。

但し、極度の天候不順や自然災害などの予期せぬ理由から計画外の止むを得ない事情が発生した場合や、使用をしないことが原因で農作物の品質が著しく劣化すること(農作物の伝染病等)が予測される場合、以下の条件を満たし、かつその使用を極力抑えることを前提に、現地農作物栽培管理担当者立会いのもとで使用を認める場合があります。

 ・使用する目的を明確にし、事前に現地栽培管理担当者並びに当店に報告をしていること
 ・残留性の少ない農薬を優先的に選択すること
 ・希釈倍率を最低限に設定する努力をすること
 ・使用回数・使用量を最低限にする努力をし、栽培期間中当該地域慣行栽培平均の40%以下であること
  (当該地域の慣行基準は、原則的に地方公共団体および地方公共団体に準ずる機関が定めたものを採用)
 ・適正な時期に使用すること

なお、特例措置適用の状況下においても、無登録農薬、適用外農薬、使用禁止農薬、及び制限農薬に指定されている農薬の使用並びに化学肥料の使用は一切認めておりません。
また、上記の条件を満たせなかった農産物商品の取扱いは一切行いません。

上記措置が取られた商品に関しては、商品のご案内欄等に「減農薬(比較慣行基準○%)」「減化学肥料(比較慣行基準○%)」(備考欄参照)と明記するものといたします。
 

現地農産物栽培管理担当者(農産物商品)


当店は、生産地ごとの代表者または生産者個人を現地農産物栽培管理担当者として任命するものとします。

農産物栽培管理担当者名(栃木): 恩塚 洋
(栃木県那須町社会福祉協議会 理事/栃木県自然公園美化協議会 理事/那須の食文化を考える会 生産部会 会員)
 

その他の取扱商品の安全基準について(食品)


当店が取り扱うすべての商品(天然仕込み味噌・ブラジル産健康食品・沖縄海洋深層水・遠藤青汁)の原料、栽培、製造、醸造、保存において、合成保存料・合成着色料・着色料をはじめとする食品添加物の使用は一切認めておりません。
 

備考


比較慣行基準とは地方公共団体等によって開示される当該地域の同種の農作物栽培で一般的に利用されている農薬や化学肥料の平均的使用量で、減農薬・減化学肥料の農産物に表記されるパーセンテージはその平均総使用量を100%とした場合の総使用率を表します。
現行では慣行栽培50%以下で栽培されたものを減農薬・減化学肥料として表記することが認められており、当店の安全基準においてもこの規定に準じるものとします。
 

E.CO-SAFE (エコ・セーフ)


E.CO-SAFEEMERALD CompanyがEcological and・Organic Crops(環境と有機農産物)に確かなSafety(安全性)を追求することを目標とした当店と生産者間の協約機構です。


Copyright (C) 2005 EMERALD Company All rights reserved.

▼Back